基礎的男性型脱毛症対策

男性型脱毛症は、通常販売されている一般的な育毛剤で治す事は不可能と言われています。

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンの生成が問題になるのですが、治療においてはジヒドロテストステロンを直接攻撃する方法は現在未開発です。

ジヒドロテストステロンに直接的な作用を及ぼすことは出来ないのです。

では、男性型脱毛症は解消出来ないのかと言うとそうではありません。

ジヒドロテストステロンを生成する前段階で抑制することが出来れば、ジヒドロテストステロンに影響を及ぼした事と同じ事なのです。

その為の薬品は、既に開発されており使用もされています。

男性ホルモンの抑制にはプロペシア。

5aリダクターゼの働きを阻害する為にはフィナステリドが効果を示します。

どちらにしても、その効果を抑えてしまえばジヒドロテストステロンが生成されずに脱毛効果のある成分は働きを失います。

専門医へ行くと、大抵の場合プロペシアが処方されます。

もちろん、フィナステリドを処方する医師も増えてはきましたが、使用の歴史の長さや、効果の実績の上でプロペシアに軍配が上がります。

フィナステリドはジヒドロテストステロンの生成における二段階目を抑制するので、一番初期の段階である男性ホルモンの抑制を第一義におくのは効果の確実性にも繋がります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>