若ハゲ抑制のケア

若ハゲは男性型脱毛症に起因しますが、男性型脱毛症の抑制だけでは100%の治療にはなりません。

と言うのも、ハゲと言うのはヘアケア不足や不健康さなども原因になります。

代謝などの面では、若い人はあまり気にする必要はありません。

ですが、不健康であると言う事は年齢に関係なく髪の毛に影響を及ぼします。

生活習慣病や、成人病などは血液に関係する疾患が多く、血液は身体の栄養であり、血液循環が重要なファクターになります。

血液の循環が悪い為に様々な身体の疾患が起きる様に、間違いなく身体の一部である頭皮や頭髪にも同じ理由で疾患が起き得るのです。

育毛剤の中心的効能は多くの場合、血行を促進し、発毛を待つと言うタイプのものです。

ここから見ても判る通り、育毛、発毛に如何に血液が重要だと言う事です。

薬でハゲの要因を防いだとしても、それは飽くまで「止める」と言う観点のみであり、能動的に「生やす」と言うスタイルではないと言う事なのです。

その為に、薬や育毛剤で治療の中心的役割を担うのは構いませんが、併用してヘアケアを行う事や、生活習慣を見直して健康に留意する事もまた重要な育毛、発毛法であると言う事なのです。

いわゆる「待ち」の姿勢だけでは薄毛や抜毛の悩みを解消する事は困難であると言う事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>