若ハゲは何故起きるのか?

まだまだハゲる年じゃないのに・・・。

何かやたらと髪の毛が抜けるなぁ・・・。

人に薄くなったのでは?と指摘されたなど、ハゲの悩みは突然予告もなくやってきます。

しかも、一度に来る訳ではないので、まだ大丈夫だと言う思い込みが手遅れを招きます。

ハゲは基本的にその多くが進行性です。

一度始まると、適切な処置をしない限りはその進行が止まる事はありません。

若ハゲと一口に言っても、ハゲの起因となることは若さゆえに存在するということはありません。

唯一加齢で身体が老化することと共に髪の毛が老化してハゲを招く事はありますが、若いからハゲる特別な理由はありません。

若ハゲが起きる原因は、どの年代にも起こり得る原因です。

これまでは遺伝と言われてきましたが、最近の研究でハゲの原因の主体となるのは男性型脱毛症である事が判ってきました。

若ハゲになった場合は、その原因は男性型脱毛症であると考えてまず間違いないでしょう。

遺伝の可能性は未だゼロではありませんし、ハゲの原因は複合的に考える必要もありますが、まず処置しなければならないのは男性型脱毛症です。

若い人には中々男性型脱毛症の情報は中々広まっていませんが、いつ降りかかっても良いように知っておき準備しておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>