男性型脱毛症のメカニズム

男性型脱毛症と言う言葉自体は最近スッカリ世間に認知される程良く見聞きします。

ですが、男性型脱毛症が何であるのか、どういうものかは広まっていませんし、認知もされていません。

男性型脱毛症が最も大きなハゲの原因であるにも関わらず、言葉ほどには内容は知れ渡っていないのです。

男性型脱毛症は男性ホルモンの過多や、分泌異常が起因します。

男性ホルモンが元々体内にある5aリダクターゼと言う還元酵素と結び付きます。

この2つが結合してジヒドロテストステロンが生成されます。

このジヒドロテストステロンが強力な脱毛作用を有しているのです。

ジヒドロテストステロンの増加が、育毛のサイクルを著しく乱します。

脱毛サイクルが早くなり、発毛のサイクルが遅くなるのです。

すると脱毛に発毛が追い付かなくなり、次第に薄くなり、やがては放置しておく事で完全なハゲになってしまいます。

更に放置しておくと毛根などが死滅してしまい、そこから慌てて治療をしても全く効果は出ません。

ハゲは病気と同じく早期発見が結果を左右します。

進行し切っていない状況で適切な治療にあたれば、完全に元の状態に戻る可能性は極めて高くなります。

遅ければ遅い程、その治りは不完全なものとなります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>